新着情報|横浜市青葉区の行政書士織田国際法務事務所

News 新着情報

  • 2019.11.19

    海上運賃(Ocean Freight)

    海上運賃(Ocean Freight )の建値は次の通りです。

    Berth Term(バースターム):
    船会社が積港での積込費用から、海上輸送を経て揚港での荷揚げ費用までを負担する条件です。その責任範囲は“Tackle to Tackle”と俗称される積港の船側で貨物に本船Derrick(荷役機械)のHookを引っ掛けたときから、揚港で貨物を岸壁か艀の上に置きHookを外すとき迄です。Liner Term ともいい、在来の定期船で多く使用されます。船会社が荷役会社を手配するので、艀廻漕されて、本船にAlongside(接弦)される大口貨物にも、Godown (これは名詞です。)と呼ばれる港の保税上屋で船会社の代理店が荷受けをし、まとめてトラックで船側へ運ぶ小口貨物にも対応できます。この場合、Shipper (荷主)はトラック代を作業会社に払わなければなりません。

    Free In (フリーイン):
    積込費用はShipper が荷役会社を手配し、当然に費用を負担し、船会社が負担しない条件を、船会社から見るとこの言葉になります。荷揚げ費用は船会社が負担します。

    Free Out(フリーアウト):
    船会社が積込費用を負担し、荷揚げ費用は荷受人が負担する条件です。

    Free In & Out (フリーイン& アウト):
    船会社は積込費用も、荷揚げ費用も負担しない条件です。

    備考:上記のInは積込み、Out は荷揚げを意味します。

    カテゴリ:貿易

- CafeLog -