英文契約書作成|横浜市青葉区の行政書士織田国際法務事務所

英文契約書作成

  • 英文契約書作成に関して、こんな方のお役にたちたいと考えています。


    • 英文契約書は難解なので困っている。
    • 英文契約は、専門家の先生(弁護士)に依頼しているが、料金が高い。
    • 海外ビジネスを専業とする会社ではないので、専門の社員を養成しても見合うほど、英文契約の件数がない。
    • 英文契約をするときは、相手を信頼して、相手の書式にめくらサインをしているのが実態だ。
    • 日本語の契約書を翻訳業者に頼んで英訳して間に合わせている。
    • 自分の会社のビジネスにあった独自の英文契約のフォームを用意したい。

    当事務所のサービスの流れ

    当事務所は、依頼人様の希望により以下のプロセスをサポートします。(もちろん不要な部分は除きます。)


    • 当事務所は、依頼人様のご要請があれば、契約締結の前段階から参画し、予備的合意(Letter of Intent)や
      覚書(Memorandum of Understanding)を作るお手伝いをいたします。
    • Emailでの交渉もサポート。
    • 英文契約書翻訳、英文契約書和訳、和文契約書英訳も承ります。
    • 本契約の作成、もしくは、相手方提案の契約書草案のチェック。
    • 作成した契約書に、リーガルオピニオンといわれる弁護士のお墨付きは必要な方は、要請があれば当事務所で手配いたします。
    • 契約書の納品及び報酬のご請求。
    • 相手方との契約後の変更、更新、中途解約。

    ご依頼のプロセス

    1. まず、お問い合わせのメールをください。当方よりご連絡差し上げます。
    2. ご希望を詳しく伺い、料金の見積をお知らせ致します。
    3. 見積りをご了解頂けたなら、依頼人様から、ビジネスの内容やご希望などをお聞きし、契約内容の詳細やリスクについて打ち合わせをさせていただきます。(場合によっては、当方より依頼人様のもとへ直接お伺いします)。
    4. 必要があれば、契約の準備と相手と交渉をサポートして、契約の内容を仕上げます。
    5. 契約書完成。契約書の内容や法的リスクについて、ご依頼人様にわかりやすくご説明いたします。

    英文契約書には様々な種類があります。標準的な英文契約書のタイプは、ページ下部の"英文契約書の標準的な種類.pdf"からご覧ください。

    英文契約書についての疑問に関しては、ページ下部の"英文契約書_Q&A.pdf"からご覧ください。

    英文契約書の構成と一般条項の一例に関しては、ページ下部の"英文契約書の構成と一般条項の一例.pdf"からご覧ください。


    報酬の目安

    書類作成

    A4 1ページ当たり 10,000より (対訳付きの場合、50パーセント増し)

    リーガルチェック

    A4 1ページ当たり 7,000より

    コンサルティング

    時間当たり 10,000より (初回相談無料)
    ※書類作成を伴わないサービスの場合の料金です。書類作成料金と重複はしません。
    ※訪問の場合、交通費実費。
     (ただし、東京23区内と横浜市内へ訪問は、交通費をご請求しません。)

  • PDF資料

- ShoppingCart -